症状別治療例Treated cases

小児針灸科/チック症(どもり・吃音)

小児針灸科/チック症(どもり・吃音)チック症状

チック症状

チックとは乳幼児期から学童期にかけて心身の成長期におこりやすく、目をパチパチする、肩をヒクっとあげる、顔面がひきつる、鼻をピクピクする、咳払いをする、等の症状が表れます。これらが起こる原因の一つとしては、環境の変化や両親からの期待に応えるために無理をしたりすることによるストレスがあります。こういったお子さんに対する当院による東洋医学をもちいた治療として、特に幼少のお子様や症状の軽い方には、“刺さない針”による小児針を用いて治療し、心身のバランスを取っていきます。もう少し大きなお子さんや症状が複数ある方などには、新脳針治療を行うことで脳の興奮を抑えます。さらに背中の自律神経ポイントを刺激することで症状の改善を目指していきます。
当院に治療に来られた10才の男の子は、アレルギーからくる身体の不快感や、お父さんの転勤による環境の変化や勉強や宿題などがストレスとなり、咳払いや体の不随意運動が常に起こるようになりました。そこでまず最初の20回までは毎日来ていただき、連日治療を続けた結果、徐々に症状の現れない時間が増えてきました。最初の来院から一か月半過ぎた現在では、外からの強い刺激や強いストレスを受けた時のみに症状が出てくる、というくらいにまで回復がみられます。最近では週3回ほどのペースで治療に来られています。

  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • 専用針について
  • WEB限定割引チケット

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安/ジストニア
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 難病への取り組み
  • 会長コラム
  • 京子の部屋
交通事故治療
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での針灸治療の場合、自己負担なく治療を受けて頂けます。
  • 前田針灸接骨院
  • 前田中国医学研究院グループ
  • トゥモローランド

宿泊について

宿泊について
本院(大阪)では宿泊治療施設を設けております。一週間集中治療すること、またリセプター療法や動作法との併用により改善効果があらわれやすくなります。
宿泊について ≫

facebook