症状別治療例Treated cases

耳鳴り・難聴

耳鳴り・難聴突発性難聴・耳鳴り・耳閉感

突発性難聴は、働き盛りの人に多い原因不明の病気である。この病気は突然起こり、ある朝目覚めると一方の耳が聞こえなくなっているというような始まり方をする。
心身の疲労が大きいときや風邪気味のときに発症しやすいこと、また、高血圧や糖尿病の合併症として発症するケースがあることなどから、ウイルスの感染や、内耳に酸素や栄養を送る循環システムの障害が原因として有力視されているが、まだはっきりとは解明されていない。
難聴に前後して、耳鳴りや耳閉塞感が起こることが多く、また、めまいや胃部不快感を伴うことも少なくない。三十~五十歳代の人に多く、最近は高齢者にも増えている。女性よりも男性に多くみられる。
会社員のMさん(四十二歳)は、ある朝、起き上がろうとしたところ、一方の耳に異常を感じた。聞こえないのである。しばらくするとめまいが始まり、片方の耳がつまってしまった感じが強くなった。耳鼻咽喉科では安静入院と血管拡張剤、副腎皮質ホルモン療法などがあるが、Mさんの場合はあまり効果がなかった。
そこで私はMさんに特効ツボである「耳聾(じろう)」と「聴(ちょう)響(きょう)」に針灸を施した。その結果、約一か月の施術で耳も正常に戻り、その後は健康に生活されています。
(※日刊工業新聞でお答えしてきた内容から転載しています。平成十四年十二月二日掲載分)

  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • 専用針について
  • WEB限定割引チケット

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安/ジストニア
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 難病への取り組み
  • 会長コラム
  • 京子の部屋
交通事故治療
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での針灸治療の場合、自己負担なく治療を受けて頂けます。
  • 前田針灸接骨院
  • 前田中国医学研究院グループ
  • トゥモローランド

宿泊について

宿泊について
本院(大阪)では宿泊治療施設を設けております。一週間集中治療すること、またリセプター療法や動作法との併用により改善効果があらわれやすくなります。
宿泊について ≫

facebook