会長コラム 「60年の治療日記」Chairman Column

会長コラム 「60年の治療日記」

会長コラム うつ病

皆さんこんにちは。今回は、この時期に多くなる“うつ病”についてお話したいと思います。
この時期は、転勤や配属移動など自分自身を取りまく環境が劇的に変わったりします。そういった時には強いストレスを感じ、心身のバランスが崩れてしまいがちです。心身のバランスを崩したままの状態が続いてしまうと、うつ病などの病気になってしまう事があります。今回ご紹介する患者さんも、そんな環境の変化によって、心身のバランスを崩してしまった方です。
今春から、あるレストランでコックとして働きだしたWさん(男性31歳)。今までは違うレストランで働いていたのですが、より上の技術を身に着けようと、今のレストランでこの春から働き始めたそうです。今までのレベルとは違う仕事内容に加え新しい人間関係の構築など色々なことが日々ストレスとして少しずつ蓄積していき、Wさんは徐々に体が重くなりだし、仕事に行くことが苦痛に感じることが増えてきたそうです。それでも自分で選んだことだからと頑張って仕事に行っていましたが、その頃から眠れなくなり、理由のない不安感などを感じるようになってきました。そんな状態が不安になってきたWさんは病院で診察してもらったところ。“うつ病”と診断を受けたそうです。その後服薬での治療を続けましたが状態の改善は見られなかったそうです。Wさんを心配した家族の方がインターネットにて当院のことを調べて、行ってみることを勧められたそうです。
Wさんの主訴は不安感・不眠・身体的不調などからくるうつ症状でしたので、当院独自の新脳針を施すことにより状態の改善を図っていきました。Wさんの場合では治療1回目にして少し気分が楽になり肩こりも改善したとおっしゃっていただきました。2回目ではぐっすり眠れる日が出だし3回目で不安感の半減それによる笑顔が出てくるようにもなられました。その後10数回ほど治療を受けていただくと調子もほとんど以前のような状態に戻ることができ仕事にも復帰することができたそうです。
Wさんはその後も体と心のメンテナンスの為、月に1度は来院いただいています。
皆さんも新しい環境に慣れるために色々とストレスを感じておられる事でしょう。体がいつもと違う不調を訴えてきたら、いつでも大お気軽にご来院ください。当院の治療で心と体をリフレッシュしてよりよい明日を迎えていきましょう。

  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • 専用針について
  • WEB限定割引チケット

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安/ジストニア
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 難病への取り組み
  • 会長コラム
  • 京子の部屋
交通事故治療
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での針灸治療の場合、自己負担なく治療を受けて頂けます。
  • 前田針灸接骨院
  • 前田中国医学研究院グループ
  • トゥモローランド

宿泊について

宿泊について
本院(大阪)では宿泊治療施設を設けております。一週間集中治療すること、またリセプター療法や動作法との併用により改善効果があらわれやすくなります。
宿泊について ≫

facebook