お知らせNews

お知らせ

お知らせ 「女性自身」に掲載されました

 

 

当院院長、前田為康が、週刊誌「女性自身」(10月18日号)に掲載されました。

雑誌中の「本当に治したい人がかけこむ“神の手治療院”」という特集ページに掲載されております。

雑誌は全国の書店にてお買い求めいただけます。(大手スーパー、一部コンビニ、病院売店等でも販売されおります)

ぜひお手に取ってご覧ください。

【記事抜粋】

独自に開発した「新脳針」で脳を活性化!
難治性の症状に悩む人たちが全国から

開院以来90余年、親子3代にわたって受け継がれる伝統ある銀座針灸院。得意とするのは独自に開発された「新脳針」による難病施術だ。
パーキンソン病や脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、小児の脳室周囲白質軟化症、脳性まひ、運動障がいのジストニアなど、難治性の症状で悩む人たちが全国から訪れる。
「新脳針は頭部の各点に0.7ミリアンペアの超微弱電流を流し、脳神経細胞を活性化させるものです。難病といわれる病気の原因は脳や脊髄にあることが多いことから、そのエリアを刺激して脳の神経ネットワークをつなげ、弱ってる神経を高めていくのです。」
院長は針灸の第一人者。パラリンピックの公式トレーナを務めるなど障がい者アスリートも支援している。小児分野にも力を入れており、院内には絵本に囲まれて針を打つ子どもたちの姿も。
「最近、気になるのはがんの患者さんが増えていることです。難病もがんも、絶対に治すといった自身の強い意識が必要です。それがあるだけで免疫力が高まり症状がよくなり方も多いのです。
また院長が開発した体のバランス能力を高める〝リセプター療法”があり、新脳針と併用するとさらに効果的だ。

  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • 専用針について
  • WEB限定割引チケット

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安/ジストニア
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 難病への取り組み
  • 会長コラム
  • 京子の部屋
交通事故治療
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での針灸治療の場合、自己負担なく治療を受けて頂けます。
  • 前田針灸接骨院
  • 前田中国医学研究院グループ
  • トゥモローランド

宿泊について

宿泊について
本院(大阪)では宿泊治療施設を設けております。集中的に治療を行いたい方はどうぞお問い合わせください。
宿泊について ≫

facebook