お知らせNews

お知らせ

お知らせ コロナウイルス対策①

当院では施術者が健康でないと良い施術ができないと考えています。

今回のコロナウイルスでも同じで、いかに感染しないようにしていくか、

私たちが普段やっている免疫力をアップさせる方法について書いていきます。

 

今回は身体を温めることについて

体温があがれば免疫力もあがります。

具体的にはどんなことをすればいいのか・・・。

簡単にわけると2つ。

外部から温めるのか、内部から温めるのか。

外部からはお灸や使い捨てカイロなどが簡単で使いやすいです。

内部からは飲食物ですね。

 

お灸やカイロを使う場合は背中側の首の下の方(ツボでいうと大椎)や、

腰の下の方(仙骨や八髎穴)を温めると効率が良いです。

足が冷えている方も多いですが、足も冷やさないようにお気を付けください。

 

飲食物に関しては、手早く温められるのは旬のものをいれた鍋がおすすめ。

根菜などを入れつつ、具だくさんのお鍋は温まりやすいですし栄養も満点です。

あとはショウガや、シナモンなどもおすすめ。

ショウガは温める作用だけでなく、抗ウイルス作用もあります。

シナモンは身体を温める作用はショウガよりも強いですが、

作用が強すぎるので取りすぎは禁物です。

冷蔵庫に入れた冷たい飲み物は身体を冷やしますし、

内臓の機能も低下させますのでお気を付けください。

 

ざっくりと身体を温めることについてお伝えしていきました。

ざっくりですので詳しく聞きたい方はご連絡下さいね。

 

また他にも免疫力アップのためにできることを書いていきますので、

そちらもチェックしてくださいね。

  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • 専用針について
  • WEB限定割引チケット

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安/ジストニア
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 難病への取り組み
  • 京子の部屋
交通事故施術
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での針灸治療の場合、自己負担なく施術を受けて頂けます。
  • 前田針灸接骨院
  • 症例一覧はこちら

宿泊について

宿泊について
本院(大阪)では宿泊施術施設を設けております。一週間集中施術すること、またリセプター療法や動作法との併用により改善効果があらわれやすくなります。
宿泊について ≫

facebook