症状別施術例Treated cases

パーキンソン病/その他

パーキンソン病/その他パーキンソン病(PD)・筋萎縮性側索硬化症(ALS)の疑い

60代主婦、パート勤務。1年前より歩行がぎくしゃくし、半年前より右脚のふるえ。歩行・ふるえ、ともに増悪している。生理検査、MRI、神経伝導速度検査、で異常なし。その後、大学病院で、核医学検査、脳血流シンチ検査、筋電図検査。その結果、パーキンソン病か、筋委縮性側索硬化症の疑いがあるも、診断には至らず。経過観察となった。

当院の見解
ハムストリング(太ももの後ろ)の硬縮
大腿四頭筋(太ももの前)のやせ
右下肢のふるえ
右上肢がふるえることもある
手足が冷たく、足趾はしもやけで変色
ひどい首肩こり
外反母趾
施術後の様子
立っている時に感じるふらつきが軽減
歩行時の足の踏ん張りが向上
座っているときの足のふるえが軽減
下腿のこわばり軽減
毎日、1時間半ウォーキング
翌冬はしもやけにならず、手足ポカポカ
スタッフからのコメント
パーキンソン病や、筋萎縮性側索硬化症という難病の疑いがあるものの、はっきりした病名は判らず経過観察と言われ、症状が悪化していく不安のなかで、当院を受診されました。

ウォーキング、ストレッチや筋トレはもともとされていましたが、新脳針と並行することで、神経伝達物質、メッセンジャー物質が、全身を駆けめぐり、体調が好転し、運動効率がアップ。萎縮していた筋も増強されました。

新脳針を開始して10か月後、ドクターに「経過観察の受診は、もう来なくていいです」と言われました。
  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • 専用針について
  • WEB限定割引チケット

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安/ジストニア
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 難病への取り組み
  • 院長コラム 『ちょっと診ましょう』
  • 京子の部屋
交通事故施術
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での針灸治療の場合、自己負担なく施術を受けて頂けます。
  • 前田針灸接骨院
  • 症例一覧はこちら

宿泊について

宿泊について
本院(大阪)では宿泊施術施設を設けております。一週間集中施術すること、またリセプター療法や動作法との併用により改善効果があらわれやすくなります。
宿泊について ≫

facebook

instagram

line@