症状別施術例Treated cases

てんかん/小児針灸科

てんかん/小児針灸科発達遅延 4歳男児

1歳を過ぎてから、2週間ごとに発熱を繰り返す。
1歳半の頃、群発性熱性けいれんを起こし緊急入院した後、発達が大きく後戻りした。
・昼夜逆転の睡眠障害(1時間おきに寝たり起きたり)
・毎朝、38~38.5度の発熱
・座位ができなくなった
・笑わなくなった
・目が合わなくなった
・食欲はあるが、体重が増えない
・便秘傾向
・斜視
・脚をつっぱりがち
・寝返りはできない

当院の見解
1歳半の緊急入院のあと、ゆっくりとすすんでいた成長が
逆戻りしてしまい、新脳針の施術がはじまりました。

それから2年半の間、通院を継続した結果、
順調にたくさんの発達がみられています。
リセプター療法、大阪本院の宿泊集中治療も受けています。
施術後の様子
・6-7時間連続して睡眠がとれるようになると同時に、
 朝の発熱が止んだ。
・斜視がよくなってきて追視が増えた。
 興味をもった物に、手を伸ばして触れようとする。
・つまみ動作ができるようになった。
・ゴロゴロ右に左に寝がえりをうつ。
・伝い歩きのスピードが早くなっている
・動きを模倣するようになった
・片手をつないでの歩行が上達している
スタッフからのコメント
4回目の施術で、まとまった睡眠がとれる傾向がみえてきました。
その後は、よく目が合うようになり、座位が安定してきたりと、
順調に発達がすすみました。

てんかん波が出ているものの、薬を飲まずに発作が出ていないので、
レアケースであるとドクターも驚いていました。

今後も、新脳針で発作を最小限に抑えつつ成長を促し、
運動機能、言語の発達を目指して、週1回の施術を継続しています。
  • 鍼灸師募集
  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • 専用針について
  • WEB限定割引チケット

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安/ジストニア
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 難病への取り組み
  • 会長コラム
  • 京子の部屋
交通事故施術
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での針灸治療の場合、自己負担なく施術を受けて頂けます。
  • 前田針灸接骨院

宿泊について

宿泊について
本院(大阪)では宿泊施術施設を設けております。一週間集中施術すること、またリセプター療法や動作法との併用により改善効果があらわれやすくなります。
宿泊について ≫

facebook