症状別施術例Treated cases

耳鳴り・難聴

耳鳴り・難聴耳鳴り・進行性難聴

70代女性。40代から聞こえづらくなってきた。両耳に補聴器を使っているが、家族との会話に入っていけない。特に低音、周囲が騒がしいと聞き取れない。耳鳴りは1日中止むことなく、大きく鳴っている。

当院の見解
5年前の大学病院での検査では原因が不明。ここ2、3年で聞こえが悪化しているが、検査数値は大きく変わらず。しかし、半年前、かかりつけの耳鼻科医には「もう通院の必要がない」といわれた。姉が2年前より、全く聞こえなくなった。そのような不安のなか、当院を受診された。
施術後の様子
初回の施術後、耳鳴りが減少。
その後も、施術後は毎回、耳鳴りが減少。
5回目の施術後は、全く耳鳴りが止んだ。
以降、施術後は耳鳴りがぴたりと止んでいることが多い。
聞こえに関しては、変わらず。(2か月8回)
スタッフからのコメント
耳鳴りにもいろいろ原因がありますが、加齢によるものの場合、内耳の有毛細胞が壊れ、耳鳴りや難聴といった症状が起こります。
放置していると、耳が聴こえにくい状態が固定化したり、悪化したりしかねません。
当院の「新脳針」は、脳神経細胞を刺激することで、弱った聴神経を活性化するとともに、神経伝達、血流、自律神経、ホルモンバランスを整え、耳鳴り・難聴を改善します。
この女性の場合も、新脳針で神経細胞を刺激し、聞こえやすさの向上、聴力の温存を目指しています。
  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • 専用針について
  • WEB限定割引チケット

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安/ジストニア
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 難病への取り組み
  • 院長コラム 『ちょっと診ましょう』
  • 京子の部屋
交通事故施術
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での針灸治療の場合、自己負担なく施術を受けて頂けます。
  • 前田針灸接骨院
  • 症例一覧はこちら

宿泊について

宿泊について
本院(大阪)では宿泊施術施設を設けております。一週間集中施術すること、またリセプター療法や動作法との併用により改善効果があらわれやすくなります。
宿泊について ≫

facebook

instagram

line@