症状別施術例Treated cases

小児針灸科

小児針灸科かんしゃく、多動傾向「衝動を抑えられた」 4才男児

元々はアメリカにある日本の幼稚園に通っていた。

日本に引っ越してきた3歳頃から、かんしゃくを起こすようになった。

(大きい声を出す、お兄ちゃんを叩く、手近なものを投げる)

列に並べなかったり、目についたものに飛びついたりと、多動の傾向も見られる。

口数が少ない。

お腹と足先が冷たい。

当院の見解
アメリカから日本へと住まいが変わり、
文化の違い・言葉の違いによる環境の変化が要因となり、症状が現れたのではと考えられます。
言葉の使い分けに困惑していて、家族が日本語で話しかけても英語でしか返してくれていないようでした。

かんしゃくの矛先は先生やお兄ちゃんに向けることが多く、お友達を傷つけることはなかったそうです。
施術後の様子
ご飯をじっと席について食べられなかったが、
初回治療を終えてから、きちんと座って食べ、完食するようになりました。
食欲もモリモリ増えてます!

興奮も少しずつ減ってきました。
お出かけ中に目についたものに向かって走り出したものの、途中で立ち止まりお母さんの方に戻って来ることができました。これまでは名前を呼んでも反応しないことがほとんどでしたが、自分で判断して衝動を抑えることが出来ました。

かんしゃくもたまに出ますがクールダウンまでの時間が短くなったり、叩いてしまったことを相手にきちんと謝ることが出来ます。
スタッフからのコメント
通院中に新しい幼稚園に通い始め、1週間ほどで園に馴染むことができ、たくさんのお友達と楽しく過ごしています。
新脳針治療と集団生活の刺激により、言語能力がグングン成長していきました。

たくさんお喋りできるようになり、治療の前には最近の出来事を一生懸命教えてくれています。

冷え気味だった身体もポカポカ。楽しく幼稚園に通い、お話も上手になったりと、様々な良い変化にお母さんもとても喜ばれていました。
  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • 専用針について

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安/ジストニア
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 難病への取り組み
  • 院長コラム 『ちょっと診ましょう』
  • 京子の部屋
交通事故施術
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での針灸治療の場合、自己負担なく施術を受けて頂けます。
  • 前田針灸接骨院
  • 症例一覧はこちら

宿泊について

宿泊について
本院(大阪)では宿泊施術施設を設けております。一週間集中施術すること、またリセプター療法や動作法との併用により改善効果があらわれやすくなります。
宿泊について ≫

facebook

instagram

line@