症状別施術例Treated cases

脳室周囲白質軟化症PVL

脳室周囲白質軟化症PVL PVL

今回はPVLのH君(3才)について紹介します。

 

H君は来院前、歩行困難(つかまり立ちは出来るが独立歩行は出来ない)、言葉遅れ、流涎、手先が不器用という状態でした。

H君には初めのうちは毎日通院してもらいました。

6回目で早くも涎の量が少し減ったような気がするとのご報告を受け、20回目の来院の際には大分涎の量が少なくなっていました。

治療を重ねるごとに下肢の力が強くなってきて刺鍼をする際に抵抗するようになってきました。

初診から2ヶ月後、回数にすると37回目の治療では、自力でなんとか歩くことができました。

さらに治療を続け、3ヶ月過ぎた頃、自ら階段を上るようになっていました。

通院し始めてから2年以上経った今、H君が涎を垂らすことはすっかりなくなっていました。歩行も安定してきています。

 

脳室周囲白質軟化症(PVL)は、生まれつき脳内にある神経伝達を担う部分に損傷があるために起こります。新脳針では頭頂部に針を打ち、微弱電流を流すことにより、神経伝達網を新しく形成させる可能性がありますが、上記のように歩行が改善されるケースは多くみられます。

 

特に身体が出来上がっていない早いうちから治療を始めることで、より効果が見えやすいです。

 

銀座針灸院  堂山ゆりえ

  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • Googleクチコミ
  • しんきゅう予約
  • 鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
ジストニア(痙性斜頸・書痙・フォーカルジストニア・発声障がい・チック) /不随運動症状/
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/ コロナ後遺症/繊維筋痛症/多発性筋炎/耳鳴り/難聴/めまい/眼精疲労/自律神経失調症/うつ/不安/睡眠障害/更年期症状/婦人科疾患/皮膚疾患/肩こり/腰痛/脊柱管狭窄症/坐骨神経痛/ぎっくり腰/頭痛/糖尿病/五十肩/腱鞘炎/高血圧
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/小児麻痺/急性脳症/発達障がい(自閉症(ASD)・学習障がい(LD)・多動症(ADHD)・言葉おくれ・コミュニケーション障がい/てんかん/小児ぜんそく・アレルギー/チック症・吃音/不眠/起立性調整障がい/皮膚疾患(アトピー・にきび・肌荒れ)/虚弱体質/疳虫(かんむし)/夜泣き・奇声・イライラ/かみつき
  • 難病への取り組み

  • 下は本院(大阪院)に移動します

  • 院長コラム 『ちょっと診ましょう』
  • 京子の部屋
  • 宿泊集中施術
  • 3つのプログラム
  • 前田針灸接骨院

<銀座院 SNS>

facebook

instagram

line@