スタッフブログStaff blog

スタッフブログ

スタッフブログ お灸のすすめ①

最近特に冷え込んできましたね。

先日、多系統萎縮症(MSA)をはじめ、脊髄小脳変性症(SCD)、ジストニア、てんかんの患者様などに自宅でできるセルフケアとしてお灸をおすすめしました。上記の病名だけではなく様々な状態におすすめできますので、何回かお灸について書いていきます。

お灸にも種類がありますが、ここでの話は当院で販売している「新脳灸」について書かせて頂きます。

 

 

 

お灸がなぜ効くのかいろいろと理由はありますが、簡単に説明するとお灸(もぐさ)に含まれるチネオールという薬効成分に鎮静・鎮痛効果があったり、お灸で温めることによって血行が良くなり、良い効果がたくさんあります。詳しく聞きたい方は直接聞いてくださいね。

 

先にも紹介させて頂きましたが、多系統萎縮症の患者様はおうちで早速やってくれたようで、普段は喋りにくくなかなか発声してくれないのですが、お灸をしたあと、いつもご自宅に来てくれている訪問看護師の方から修学旅行どこでしたか?と聞かれるとはっきりと「広島」と答えることができたそうです。

普段は手の動きもよくないですが、手もうまく動かせたようで、お灸の効果を訪問看護師の方も驚いていたようです。お灸は毎日の積み重ねが大事なので、お灸を継続してくれている奥様の協力があってこそですがいいこと尽くしのお灸、ぜひやってみませんか?

 

同じ病名でも体質によってお灸をする場所が変わります。

次回からはあくまで病名や症状に対しての一般的なツボですが、紹介していきます。

よければまた読んでくださいね。

 

 

銀座針灸院 大久保

 

  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • 専用針について
  • WEB限定割引チケット

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安/ジストニア
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 難病への取り組み
  • 京子の部屋
交通事故施術
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での針灸治療の場合、自己負担なく施術を受けて頂けます。
  • 前田針灸接骨院
  • 症例一覧はこちら

宿泊について

宿泊について
本院(大阪)では宿泊施術施設を設けております。一週間集中施術すること、またリセプター療法や動作法との併用により改善効果があらわれやすくなります。
宿泊について ≫

facebook

instagram

line@