お知らせNews

お知らせ

お知らせ パーキンソン病

節分を過ぎて暦のうえでは立春ですが、まだまだ寒さが続きます。

 

明け方からの降雪で、皆様難儀していらっしゃいますようです。

 

お出かけの際は防寒対策を忘れずに。

 

 

本日はパーキンソン病の患者様の例をお話します。

 

 

 

1人目は50代、会社員の方。

 

17、8年前に発症し、その後パーキンソン病の診断を受ける。

 

お薬が切れると身体が動かし難くなり、また書痙や振戦、呂律が回らない、口の渇きや発汗

 

などの自律神経症状も出ています。

 

発症してからの期間が長く、ご自分でも薬の服用タイミングを調整しているそうですが、

 

現在1クール(10回)の施術を過ぎて、薬の量を減らしたり服用間隔を伸ばせたりできてきた

 

そうです。

 

まだまだ症状は日々により増減の波がありますが、継続してご来院いただいております。

 

 

 

2人目は40代、主婦のかた。

 

発症、パーキンソン病の診断から2年弱。

 

手の振戦や頚部硬直・振戦などの症状が出ています。

 

ご家族でもお爺様が同じくパーキンソン病だったとのこと。

 

当初は天候の変化に伴い症状の増減がありましたが徐々に落ち着いてきていて、

 

現在3クール目に入っていますが、手の振戦はほぼ治まってきています。

 

 

病気の性質上なかなか改善し難いですが、病院のお薬も含め、

 

しっかり治療してゆきましょう。

 

 

 

 

大嶋

 

 

 

 

 

  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • 専用針について
  • WEB限定割引チケット

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安/ジストニア
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 難病への取り組み
  • 院長コラム 『ちょっと診ましょう』
  • 京子の部屋
交通事故施術
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での針灸治療の場合、自己負担なく施術を受けて頂けます。
  • 前田針灸接骨院
  • 症例一覧はこちら

宿泊について

宿泊について
本院(大阪)では宿泊施術施設を設けております。一週間集中施術すること、またリセプター療法や動作法との併用により改善効果があらわれやすくなります。
宿泊について ≫

facebook

instagram

line@