スタッフブログStaff blog

スタッフブログ

スタッフブログ 歩行困難からの復活!ポールウォークのすすめ。

当院には、「もっと歩けるようになりたい」と願う方が、多く来院されています。

 

 

歩行困難のため、思うように外出できない。

 

車いす・歩行器・シルバーカー(手押し車)・スーツケース・一本杖を使っている

 

 

お体の程度に応じて、いろいろ工夫されていらっしゃると思いますが、

 

おすすめは、ポールウォークです。

 

 

このような方に、とくにおすすめです。

 

 

パーキンソン病で、左右のどちらかの脚をひきずる

 

多系統萎縮症・脊髄小脳変性症で、ふらつく

 

発達障害(自閉症など)歩く姿が、ぎこちない

 

 

 

 

両手でポールを持って歩きましょう。

 

 

パーキンソン病で、左右のどちらかの脚をひきずる

<正解>

歩行補助具として使い、一本杖に比べて左右の筋肉をバランスよく鍛えます。

 

 

多系統萎縮症・脊髄小脳変性症で、ふらつく

<正解>

2本のポールを持つことで、両足あわせて4点で体を支持するので、転倒を予防します。

 

 

発達障害(自閉症など)歩く姿が、他の子と違う

<正解>

下半身だけではなく、腕も積極的に活用するため、理想的な歩行姿勢を獲得します

 

 

 

銀座針灸院には、ノルディックポールが置いてあります。

 

どうぞ手に取って、魔法の杖を確かめてください。

 

 

 

 

 

ぜひ、ポールウォークで、制限された日常を吹き飛ばしてください!

 

 

 

 

 

針灸師 服部

 

 

 

 

  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • 専用針について
  • WEB限定割引チケット

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安/ジストニア
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 難病への取り組み
  • 京子の部屋
交通事故施術
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での針灸治療の場合、自己負担なく施術を受けて頂けます。
  • 前田針灸接骨院

宿泊について

宿泊について
本院(大阪)では宿泊施術施設を設けております。一週間集中施術すること、またリセプター療法や動作法との併用により改善効果があらわれやすくなります。
宿泊について ≫

facebook