スタッフブログStaff blog

スタッフブログ

スタッフブログ 痙性斜頸、パーキンソン病「シールの鍼」が痛みを緩和します

筋肉の痛みやコリでお悩みの方に、

「新脳針」療法の後、最後の仕上げに「シールの鍼」を痛みの箇所に貼って、施術後の日常生活をお過ごしいただくことをおすすめしています。

 

 

その効用は、

 

〇痛み、コリが持続的に緩和する ことです。

 

つまり、1回の施術の効果が長持ちします。

 

使用するのは、セイリン社の「パイオネックス」という製品です。

 

 

 

 

〇丸いテープに樹脂で鍼が固定されていて、それを画鋲のように皮膚に貼ります。

 

 

 

 

・筋肉の大きさや部位、効かせる程度によって鍼の長さを使い分けます。

・鍼の長さは1mm程度で、チクチクしません。

・通気性と粘着性がよいので、貼っていることを忘れるほど違和感がありません。

 

〇このような方におすすめします。

 

・痙性斜頸で頚・肩が痛い

・パーキンソン病で筋肉が硬直する

・テレワーク、デスクワークによる体のコリ

・冷え性、不眠などの自律神経症状

 

 

〇「どこに貼るか」も肝心です

 

普段、痛みやコリがでやすい場所、経絡(ツボ)など症状に応じて施術します。

 

 

 

 

 

施術料金:550円(税込)/10か所まで

 

※「パイオネックス」は管理医療機器です。

治療での使用については医療従事者である医師または鍼灸師のみに許されています。

使用にあたっての効果的な方法や、ご注意点も説明させていただきます。

 

 

 

もし興味をお持ちいただきましたら、

「シールの鍼」をやってみたい!とお申し付けください。

 

 

 

 

 

針灸師 服部

 

  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • 専用針について

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安/ジストニア
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 難病への取り組み
  • 院長コラム 『ちょっと診ましょう』
  • 京子の部屋
交通事故施術
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での針灸治療の場合、自己負担なく施術を受けて頂けます。
  • 前田針灸接骨院
  • 症例一覧はこちら

宿泊について

宿泊について
本院(大阪)では宿泊施術施設を設けております。一週間集中施術すること、またリセプター療法や動作法との併用により改善効果があらわれやすくなります。
宿泊について ≫

facebook

instagram

line@