脳室周囲白質軟化症PVLTreatment

脳室周囲白質軟化症PVL

当院には、脳室周囲白質軟化症PVLの患者が各地から通院しています。

「新脳針」治療による脳への血流改善をはかり、脳血流量を増加させます。
子供さんはこれから成長する段階ですので、その神経ネットワークは、いろいろな電気刺激により神経(ニューロン)は互 いに伝達しあい確実に繋がりあうのです。
新脳針の刺激は頭皮からの脳波を介して脳室まで伝わり、 その刺激は神経ネットワークを広げ他の脳を活性化させ代償させる事で弱っている部の発達を補います。
この様な神経伝達を促し、少しでも残されている脳の神 経機能の成長因子が促進するように致します。また下肢など硬くなっている筋肉をマッサージや整体など併用し柔らかくし筋バランスを整え緊張した下肢などを 和らげ可動域を広げていきます。

病態

脳室周囲白質軟化症(PVL)とは、早産児(主として在胎32週以下)の脳室周囲の白質に起こる虚血性脳病変である。
早産児では、脳室側からの血管の発達が遅れており、グリア形成も未熟であるため、脳血流が減少すると、容易に虚血性の組織壊死がおこると考えられてます。

症状

脳室周囲白質軟化症の症状は、下肢の痙性が強く、上肢では軽い麻痺を示す事が最も多い。
また脳室周囲白質軟化症が原因の脳性麻痺は、精神発達の遅れなど、他の脳性麻痺(成熟児の低酸素性脳症と比較して軽度であり、中には全く知能障害を認めないことも珍しくありません。
しかし大半は機能障害や知能障害を認めることが多く、またウエスト症候群などの、てんかん(癲癇)、視空間認知の障害、学習障害を合併している場合もあります。

原因

原因と考えられる危険因子としては、出生前から出生後までの何らかの時期に、未熟な脳への血流低下をきたすような事象が挙げられます。
出生前因子として、双胎(一卵性)での双胎間輸血症候群、胎内発育遅延児(IUGR)、胎児仮死、前置胎盤などがあり、出生時の因子では、新生児仮死、緊急帝王切開を要する母体出血などがあります。

このような症状でお悩みの方はご相談ください

  • 2~3歳になっても言葉がほとんど出ないお子さまをお持ちの親御様。
  • 足がクロスして真っ直ぐに歩けないお子さまをお持ちの親御様。
  • 知的能力の遅れがあるお子さまをお持ちの親御様。
  • 手に力が入らないお子さまをお持ちの親御様。

昭和54年開業の信頼と実績の銀座針灸院にお任せください!

関連の症例一覧

症例一覧

  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 銀座針灸院からのお知らせ
  • 採用情報
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • 専用針について
  • WEB限定割引チケット

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安/ジストニア
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 難病への取り組み
  • 会長コラム
  • 京子の部屋
交通事故治療
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での針灸治療の場合、自己負担なく治療を受けて頂けます。
  • 前田針灸接骨院
  • 前田中国医学研究院グループ
  • トゥモローランド

宿泊について

宿泊について
本院(大阪)では宿泊治療施設を設けております。集中的に治療を行いたい方はどうぞお問い合わせください。
宿泊について ≫

facebook