症状別施術例Treated cases

てんかん/発達障害/小児針灸科/脳性まひ

てんかん/発達障害/小児針灸科/脳性まひ新生児仮死で出生、発達の遅れ 1歳女児

新生児仮死、帝王切開で分娩

片側巨脳症(生後6か月で、剥離手術)による左半側の運動・感覚の鈍さ

手術後、てんかんはほとんどみられなくなったが、運動、認知の発達遅れ

視線が合わない

頚は座ったが、寝がえり、座位は未獲得

生後8か月より新脳針を開始した

当院の見解
来院当初のIちゃんの世界は右側だけで、左側が全くない様子でした。
左から呼んでも反応を見せてくれません。左手を持ち上げて手を放すと、下にだらりと垂れてしまいます。

左側の上肢・下肢の自発的な動きはほとんど見られず、触るとブヨブヨして力がない感じです。皮膚は、ピンク色の右側と比べると、左側は血色が悪く、ざらついた感じで、冷えています。
表情はにこやかですが、視線を合わせてくることはありません。
施術後の様子
左側の手足の動きがでてきた
寝がえりができるようになった
頚がより安定し、お座りができるようになった
5分お座りをした
今まで右ばかり見ていたが、座って左も見るようになった
左手がよく動いている
右手で左手を掴み、口に持っていく仕草をする
目をよく合わせるようになって、笑いかけてくる
右手右足、左手左足、バタバタ動かして、キャッキャッと声を上げる
スタッフからのコメント
片側巨脳症の主な症状は、難治てんかん、不全片麻痺、精神運動発達遅滞の3つです。

てんかんは、新脳針を開始して以降、1年半近くありません。

片麻痺については、左側にも眼球がよく動くようになり、頭を左右に振って、キョロキョロと周りをよく見ます。
上肢も下肢も、肉付きがしっかりして、力強く動きます。

左側にも世界が拡がったことで、興味・関心が倍増し、認知力も格段にあがりました。
  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • 治療の流れ
  • 料金について
  • 専用針について

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安/ジストニア
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 難病への取り組み
  • 院長コラム 『ちょっと診ましょう』
  • 京子の部屋
交通事故施術
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での針灸治療の場合、自己負担なく施術を受けて頂けます。
  • 前田針灸接骨院
  • 症例一覧はこちら

宿泊について

宿泊について
本院(大阪)では宿泊施術施設を設けております。一週間集中施術すること、またリセプター療法や動作法との併用により改善効果があらわれやすくなります。
宿泊について ≫

facebook

instagram

line@